1. 無料アクセス解析
テンプレート:グフ テンプレート:ザク テンプレート:旧ザク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
真・恋姫無双
お、面白れえ・・・。おかげで眠れねえぜ!
今回、キャラが大幅増えたので、二人一組で個別イベントが進んだりする仕様なのは仕方ないか。
いちおー今、蜀・呉が終わって魏の途中なんですが、明らかに呉のテキストボリュームが少ない・・・。
せっかくかわいいキャラが一杯なのにもったいないですな。

蜀:翠(馬超)・愛紗(関羽)
呉:雪連(孫策)・冥琳(周喩)
魏:凪(楽進)

あたりのキャラが凄い良かったですね。翠は前作からのお気に入りナンバー1なので当然なのですが
愛紗が今回スゴクかわいさ増量されていて、驚きました。正直、劉備の登場で影微妙に薄くなりそうだなー・・・。とか思ってたんですが、若干その雰囲気はあるものの、その分愛らしさが増していいバランスが取れてたんじゃないでしょうか。

呉のシナリオは、最初に書いたとおり全体的にやや駆け足で分量的にもちょっと少ない印象で(あくまで個人的にですが)
ネタバレを控えるために内容については書きませんが、雪蓮と冥琳のようなちょっと遠いというか高嶺の花的な存在は、恋姫無双では貴重なキャラなのでもう少しお話を堪能したかった所。でも、凄いカッコイイキャラでしたよ、うん。

魏はまだ途中ですが、凪が一番かわええですねー。なんつーか真面目で健気で、でも素直に女らしさを表現するのが苦手な所とかスゴクひきつけられます。
風(程イク)の喋り方も結構ツボにきましたがw

まあ、まだまだ楽しめそうで楽しみ(なんじゃそら)なんで、しばらくは退屈しないで済みそうです。
つか、寝るタイミングがわかんねえ~!

あ、明日はコミケいってきます。
「うたわれるもの」で一躍人気者になった、俳優・声優である小山剛志の兄貴デザインのヒゲ独身Tシャツ着てます、多分。
2008/12/29 | 恋姫無双 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。